障害年金の基礎知識

20歳前傷病による障害基礎年金

20歳前傷病による障害基礎年金

(1)初診日において20歳未満であった者が、①障害認定日以後に20歳に達したときは20歳に達した日において、②障害認定日が20歳に達した日後であるときは障害認定日において、障害等級1級又は2級に該当する程度の障害の状態にあるときは、その者に障害基礎年金が支給されます。
 
(2)疾病にかかり、又は負傷し、その初診日において20歳未満であった者(同日において被保険者でなかった者に限る。)が、障害認定日以後に20歳に達したときは20歳に達した日後において、障害認定日が20歳に達した日後であるときはその障害認定日後において、その傷病により、65歳に達する日の前日までの間に、障害等級1級又は2級に該当する程度の障害の状態に該当するに至ったときは、その者は、その期間内に障害基礎年金の支給を請求することができます。

お問い合わせはこちら