障害年金の基礎知識

障害基礎年金・障害厚生年金の額

障害基礎年金

1.障害基礎年金の年金額(平成21年度価額)

障害基礎年金・1級・・・ 990,100円
障害基礎年金・2級・・・ 792,100円

2.子の加算額

 受給権者がその権利を取得した当時、その者によって生計を維持していたその者の子(①18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子、及び②20歳未満であって障害等級1級又は2級に該当する障害の状態にある子に限る。)があるときは、子の数に応じ次の額が加算される。
 1人目、2人目の子 ・・・・ 1人につき227,900円
 3人目以降の子 ・・・・・・・・ 1人につき 75,900円

 
障害厚生年金

1.障害厚生年金の年金額

1級:報酬比例の年金額×1.25+配偶者加給年金額
2級:報酬比例の年金額   +配偶者加給年金額
3級:報酬比例の年金額

*報酬比例の年金額(①+②)
①平成15年4月1日以後の期間:平均標準報酬額 ×5.481/1000×被保険者期間の月数
②平成15年4月1日前の期間 :平均標準報酬月額×7.125/1000×被保険者期間の月数
 *被保険者期間の月数が300に満たないときは、300として計算する。
2.配偶者加給年金額

 1級又は2級の障害厚生年金の受給権を取得した当時、受給権者により生計を維持していた65歳未満の配偶者がいるとき → 227,900円(平成21年度価額)

*大正15年4月1日以前生まれの配偶者については年齢制限はありません。
*配偶者が老齢厚生年金(被保険者期間240月以上)、障害厚生年金、障害基礎年金等を受けることができるときは、その間、加給年金額相当部分の支給は停止となります。

 

お問い合わせはこちら